眼瞼下垂手術のご案内

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、『上まぶたが瞳孔(黒目)まで垂れ下がっており、しっかりとまぶたを上まで挙げられないために、視界が狭くなったり物が見づらくなったりする状態』をいい、片目と両目の場合があります。

このような症状がありませんか?

  • 2-wrinkle-2上まぶたのくぼみが目立つようになった。
  • 年齢とともに、目の開きぐあいが小さくなった。
  • おでこに、深いしわが入る。
  • あごを挙げて物を見るくせがある。
  • 物を見るときに、眉を吊り上げてみてしまう。
  • 慢性的な頭痛や肩こりがある。

原因は先天性と後天性に分けられます。

1)先天性

生まれつきまぶたを挙げようとする力がありません。眼瞼挙筋の形成不全によるものと考えられます。

2)後天性
  • 加齢によるもの
  • コンタクトレンズ長期装用によるもの
  • アレルギーがあって、過剰に目をこすってしまったために生じるもの
  • 過剰なアイメイクにより、著しく目をこすったために生じるもの
  • 白内障などの内眼手術後、術後炎症が強く出たために、下垂が進行したもの

 

1.shoulder眼瞼下垂が進行すると、無意識のうちに視界を確保しようとして、常にあごをあげながら物を見るようになります。眉を吊り上げて眼を見開こうとするので、額の筋肉がいつも緊張してしまいます。これらが頭痛や肩こりの原因になります。症状が悪化すると吐き気やめまい、交感神経の緊張を引き起こしたりすることもあります。

他に重症筋無力症や動眼神経まひといった原因の場合、眼瞼下垂に加えて物が二つに見える(複視)症状がでることもあります。
また、まぶたがけいれんしたり、まぶたが過度に緊張して開きにくくなることで起こる眼瞼けいれんによる場合もあります。

治療方法

1)先天性眼瞼下垂の場合

赤ちゃんに下垂があっても見ようとしている様子があれば、あわてて手術をする必要はありません。視力の発達を観察しながら、通常は3歳を過ぎてから行います。例外的に、まったく開かないか、きわめて下垂の程度が強いために見るのがつらそうという場合には2歳以下でも手術をしますが、この場合、成長に伴って再び眼瞼が下がり、再手術を必要とすることが少なくありません。

手術は主に、眼瞼挙筋を短縮する方法と、眉毛を上げて見ているお子さんではその力を利用する眼瞼吊り上げ術があります。

2)後天性眼瞼下垂の場合

ハードコンタクトレンズの長期装用の方の場合は、ソフトコンタクトレンズに変えることで、進行が止まったり、改善することがあります。

また、重度のアレルギーによる場合は、アレルギーの治療により改善することがあります。点眼やまぶたの腫れをとるための眼軟膏などを使います。

眼瞼けいれんによる場合は、ボトックス治療により改善することがあります。

その他の場合は、症状の程度によって手術治療を考えます。

手術方法

ゆるんでしまったまぶたを引き上げるために、どの部分が原因になっているかによって手術を組み合わせます。

1)老化によって皮膚が垂れ下がっている場合

老化により皮膚が弛緩しているのみであれば、余分な余っている皮膚を切除し縫合するだけの手術になります。

2)まぶたを挙げる筋肉に少しでも力が残っている場合

ゆるんでいる筋肉を縫い縮めて本来の機能を回復させ、瞼を挙げる方法です。

下垂の種類や程度によって、両方を組み合わせることが多いです。手術中にまぶたの上がり具合を確認しながら決めていきますが、両眼のバランスを見るために、両眼同時手術をおすすめしています。

tansan-gas当院では炭酸ガスレーザーを用いた手術を行っています。

一般的に、まぶたの手術は細い血管の多い皮膚や筋肉を切開するために出血が多いのですが、炭酸ガスレーザーメスによる手術は、止血と切開を同時に行うことができるため、出血が少なく、皮膚への負担も少ないのが特徴です。手術痕も時間の経過とともに目立たなくなります。日帰り手術となります。

術後のケアについて

当日…

まぶたはとても腫れやすいので、一時的に腫れが強くなったり、赤紫色に内出血をすることがあります。術後の腫れは2~5日が最も強く現れます。術直後から、しっかりと腫れを冷やしていただきます。できるだけ安静にして、冷やすことを心がけてください。万一出血した場合は、ガーゼの上から30分以上しっかり圧迫するようにしてください。入浴はできません。痛み止めと化膿止めの飲み薬をはじめます。

翌日…

受診していただき、診察後に小さな眼帯になります。首から下の入浴はできます。引き続きしっかり冷やしてください。前日に処方された点眼と塗り薬をはじめます。

翌々日以降…

問題がなければ特に受診はしないでけっこうです。眼帯ははずします。洗顔、洗髪、入浴できます。腫れが長引くので、長くお風呂に入らないようにしてください。引き続きしっかり冷やしてください。

術後10日から2週間…

抜糸します。ソフトコンタクトレンズはこの頃より装用可です。ハードコンタクトレンズは眼瞼下垂を再発するので基本的にはおすすめできません。お化粧はできますが、アイメイクは1ヶ月後まで控えて下さい。赤みがひくように、しばらく指示があるまで塗り薬を続けていただきます。

術後

before1手術前:まぶたが下がり、黒目のほとんどがかくれてしまっています。おでこでまぶたを挙げようとしているので、おでこのしわがふえ、眉毛の位置が上がっています。上を見るために顎を挙げがちになるため、鼻の穴が目立ちます。

after1手術後:まぶたが上がったために黒目が大きくなりました。おでこに力を入れなくてもまぶたが上がるため、おでこのしわが減り、眉毛の位置が下がっています。顎を挙げなくなり、鼻の穴が目立たなくなりました。

*当院で行っている眼瞼下垂手術は、あくまでもまぶたの機能を回復させるもので、美容を目的とするものではありません。

眼瞼下垂の手術費用(片眼)

1割負担 約8000円
3割負担 約24000円
(別途 診察 薬代)

*手術内容によって金額が変わることがあります。
*70歳以上の方は、窓口での自己支払限度額があります。

 

はる眼科クリニック

〒336-0018 さいたま市南区南本町2-12-3
南浦和メディカルセンター 2F
診療時間
午前 8:45〜13:00 / 午後 14:45〜17:00
○ 午前の受付終了は12:30、午後の受付終了は17:00です。
○ 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日はお休みです。
休診日
水曜日・日曜日・祝日
ご予約・ご相談
048-711-9771

診療時間

8:45-13:00
14:45-17:00 予約
○ 午前の受付終了は12:30、午後の受付終了は17:00です。
○ 水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日はお休みです。
○ 木曜日の午後は手術・検査となります。
  • キッズスペースのご案内
  • ワックのご案内
  • マイオピンについて
ご予約・ご相談
048-711-9771